おとうさんとの紛争

あたしは今朝、父さんと揉め事をしました。 それもすごく久し振りに…。 原因はあたしが昼前、勉強へ行く間、最寄り駅まで自動車通学なのですが、テンポを吐出しすぎるからという意味でした。 確かに公道でのテンポ突破は、ポリスに捕まる恐れもあるし、それ以上に災害の元になることはわかっています。 だからこそ、父さんがあたしを心配して怒って生じる方針もわかります。 私も自分に乳幼児がいたら、およそ同じように叱りつけると思います。 しかし、まったく意思が幼稚なあたしは、捕まりはしないものの、テンポ突破を繰り返し、土日の夜は自動車好きな支えらと峠へ現れに行きます。 あたしは「必ず若々しい今の家しかできないなら」と考えているのですが、自動車に興味のない両親において理解しがたい用件なのかもしれません。 何度怒られようが、気にせず増やす私もあたしです。 結構久し振りに両親に怒られ、今日は朝からメンタルが違和感が決める。 今までにないような感覚になってある。 こういうジェネレーションになって両親の方針もこれからわかってきたからなのか、しんどいような感性にもなりますが、でも「あたしはあたし」という、依然として幼稚な方針がある以来、注意されたポイントを何やら治せずにある。 自分が両親になったときの方針を考えて、これからは両親に苦しみをかけないように、生活したいと思ったお日様でした。
秋葉原 リフレ バイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です