マイホーム年代の方は、住宅ローンを利用されている人も多いと思います。
キャッシングの総量規制のお話を聞くと、「えっ?住宅ローんで、とっくに年収の三分の一を超えてるのに、
キャッシングもしてるぞ?」と首をひねられることがあります。

実は、住宅ローンは、キャッシングの総量規制の対象からは外されています。

マイナチュレ

キャッシングは、貸金業法の規定によって、さまざまな決まりがあり、
それにそって貸付が行われています。
これは、簡単に言えば、「キャッシングが原因で多重債務に陥って、
経済破綻しないため」に決められたものです。また、以前問題になっていた、
グレーゾーン金利についても改正がされ、現在はキャッシングの金利については、
貸金業法の金利を適用することになっています。

住宅ローンの借入先は、銀行がほとんどだと思います。
銀行は消費者金融ではありませんから、まず、それだけで除外の対象というわけです。
従って、住宅ローンを借りていても、その分は検討されず、
収入の三分のが、消費者金融などのキャッシングの上限額と計上されます。

住宅ローンの他、おまとめローンのように、利用者に一方的に有利な借り入れや、
緊急手術が必要で医療費のために借りるなど、
特定の要件に亭号する場合の借り入れは、適用除外、例外、ということになっています。

いずれにしても、返済が厳しくなるような借り入れは、
結果として経済破綻を招くことになるのは同じことですから、
そこは、十分検討して利用しましょう。